電飾を見ながら飲みなれないワインなんか飲んで、プレゼントと引き換えにセックス。
という伝統的な年末ってまだあるのかしらん。

どうしてこんなに「あなたは私と100%同じでなければならない」と考える人が多いのだろう。

上から見れば下、
下から見れば上、
でも横から見ると斜め前方。

それが自分の立ち位置。
ずっとそうだったけど、今回の混乱で再認識した次第。

自分の位置を見失わないように自戒。方向音痴だからね。

窮屈だなーと思います。そして危機感ないなーとも思います。
つい先日、大相撲の八百長問題が大騒ぎされたと思えば、今度は大学受験のカンニングが大騒ぎでしたね。
犯罪といえるかどうかではありますが、いずれも不正ではあるので、発覚した時点でなんらかの懲罰が必要だとは思いますが、二度と立ち直れないところまで追い込むほどのことでもないかと思います。窮屈だと思うのはそのへん。それだけ平和な証拠かもしれませんが。あるいはそうでない事実が隠蔽されているのかもしれませんが。

でも、何も問題視しないというのもどうかなと思う部分もありまして、これどっちもネットワーク型の不正行為なんですよね。
過剰に叩かれる理由は、実際はそこにあるのかな。と密かに思っています。運営側からするとわかりにくいし証拠もつかみづらいですよね。危機感がないなと思うのはそのへん。運営というか、見抜かなければいけない側に立ってみないとわからないかもしれませんが。

いずれも警察が動いたので、証拠はある程度上がってしまいました。ネットワーク上の通信は、記録を残せます。我が国の憲法では通信の秘密が保障されていますが、さすがにケーサツ様が権力をチラつかせるといかんともしがたいのも現実なんでしょう。
どうせやるなら足跡を残さず…といいたいところですが、そのへんはやはりカジュアルの域を出ないのでしょうね。空き巣は逃げ道を確保してから家屋侵入するといいますが。
よりによって京都府警の足元でやっちゃうあたりとか、なんつーか。

感情論の解決の仕方としては、「もしあなたがその不正行為により競争に負け人生が変わっても、それを許せるか?」で済むと思います。
その点では自分はどうでもいいんですけどね。チートで上のステージに行っても手詰まりになるのはわかりますので。

みんな誰かを叩きたい。ただそれだけのことなのかもしれませんが。
昔みたいに、オフラインあるいはアナログの「不正行為」だけじゃないんだな、と思います。

携帯にメール着信

いついかなる時でも万難排して確認せねばならぬ

だとすると、その携帯の持ち主って、メールを介してリモートコントロールされているってことだと思うんですよね。電話もそうか。

大変ですね。

義妹の結婚式に出てきました。

結婚式って、こんなに愛情たっぷりに育てられて、こんなに立派な人間になりました、というのをみなさんにお見せ…というか晒す場ですよね。
そう考えると、実際やらなかったとはいえ、自分は結婚式というものをやることはできないなあ…と改めて思いました。
ちょっと恥ずかしい話くらいならともかく、前半は恥だらけ、後半は泥沼だらけじゃあ、生い立ちの説明のしようもありませんものね。

親族の結婚式は向こう当面ないかな。

「私が悪いんです」だからあなたも謝りなさい
「消えます」あなたが優しくしてくれないから
「あなたは凄いですね」才能だけで生きていけて

はいはい。

受け止めるとか、乗り越えるとか、
言っているうちはできないのだろう。

涙が涸れているのではなく、最初から出なかっただけ。

サインが出る前にメンテナンスを。
この体もにも限界はある。

gyoganなう

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

アーカイブ

2017年8月
« 11月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿