You are currently browsing the category archive for the ‘銃’ category.

アップルシードの劇場版のDVDを観たら意外と良かったので原作を探しに本屋を巡ったけど全滅で、仕方なくMC☆あくしずというムックを買ってきた。
すげえなコレ。ストライクウィッチーズ状の戦車がバンバン出てきますよ。
ストライクウィッチーズそのものは読んだことないけど、ちょっと興味が沸いた。
他にも、アサルトライフルの元祖となったMP43のことなんか書いてあって、雰囲気の割りに総合的に面白い本でした。ムックだからちょっと高いけど。

思考が吹っ飛んでいきなりポピュラスやりたくなってググってみたらDS版が出てるんですね。
どうしたもんかなあ。iPhone版出ないかなあ。

広告
asahi.com(朝日新聞社):「本物と同等」エアガンの製造会社社長逮捕 所持の疑い – 社会

ちょ、マジかよ!
タナカのペガサスシステムのエアガンがお縄となりますた
これは…買ってなくて正解だったのか否か…

本物と同等の殺傷能力ってもなあ…
MSNニュースには「警視庁は強度を上げた薬きょう型のカートリッジに火薬を詰めると金属弾を発射でき、拳銃と同様の殺傷能力があると認定。タナカが業界団体の自主検査を受けずに発売したのは悪質と判断、異例の逮捕に踏み切った」とあるけど、見せしめじゃないすか。
って、ん? タナカのサイト見に行ったら自主回収してんじゃん? んんー。

その昔、アサヒファイヤーアームズというメーカーがやっぱりカートリッジ式のライフル作って警察にダメ出しされた、と聞いた事がありますが。
なんかこう、残念。

ボルボさぁぁぁぁぁぁぁぁあああんマテバ来たよぅぉぉぉおおぁっつx

久しぶりのトイガン購入となりました、マテバM-M2007。アニメ版攻殻機動隊のトグサ君モデルで、実在はしないとのこと。
男のロマン、リボルバーです^^マテバというのはイタリアの実在するガンメーカー。変なリボルバーで有名です。
マテバM-M2007の最大の特徴は、シリンダー(弾を入れるレンコン)に対して下側に銃身が付いていること。銃口がの位置が下がるので反動がマイルドになる…という理屈だそうな。ガスガンだから関係ないんですけどね^^;
なんでまあ、一般的に銃身になっている部分はマテバの場合はただのウェイト(重り)ですね。サイティングしづらくはないんだけど、サイトと銃口の距離がある分、当てるには慣れが要りそうな…
シリンダーはフルート(溝)なしのタイプ。横じゃなくて上に跳ね上がります。
設定では、弾薬は9mmパラベラム(ヨーロッパでは標準的な拳銃弾)です。いわゆる9パラね。

えーと、本体はヘビーウェイト材、グリップは木目調のプラですね。ガスはグリップ底から注入。
使用するBB弾は、マルシン工業オリジナルの8mmのやつ。うん、でけえw
薬莢の先っぽにBB弾をセットするタイプですね。薬莢なくしたら悲しいことになります。
薬莢も9パラ風ですね。写真取り忘れた。あと、エジェクターロッドはライブです。リボルバーはこれをピコピコ押すのが気分出ますな。
ちょっと触ってみた感じ、シリンダーラッチとハンマーがちょっと固いかな? グリス塗っとくかなあ。
グリップの太さは、手の小さい自分にも丁度いい感じ。このへんはリボルバーならでは。ただ、プラなんで耐久力がちょっと心配。

初回特典ということで、9mmマーカー弾風のストラップが付いてきました。トグサ君が6課の車に撃ち込んだやつ。
これはもったいないので保存w

とりあえず撃ってみたいが射撃場がない。やはり深夜の公園かな…

よし、やっとマテバが発送されたぞ。明日か明後日には受け取れるはず。ウヒヒ。

会議やって議事録まで書いているのに、ほぼ同じ面子の別の会議でまた同じ報告とか、もうね…
対面での会議が大事なのはわかるけど、年に数回でおkと思う。今ならTV会議なりなんなりあるし。報告だけならメールもあるし。
好き嫌いは別として、昭和的価値観が正義!ってのではこの先生きのこれないんじゃないかなあ…
酒は好きだけど、飲みニケーション?毎日飲んで帰るのが美徳、ってのも理解不能。
まあ、効率を無視して、というより効率が悪い方がカッコイイ、という価値観って結構根強い人気があるんですけどね。趣味の世界ならそれでいいとは思うんですが。
ええ、あたしは雷による停電が怖いので事務所に詰めておりますが何か?

それはそれとして、明後日には届くはずである。
何がというと、例のマテバM-M2007である。
トイガン化されたら買うと決めていたので、かなり楽しみである。ちょっと高かったけど。
久しぶりにトイガンのレビューを書けそうでwktkしている。
東京マルイかタナカが作れば装弾数も多かったとは思うけど、サバゲーとかマッチで使うタイプじゃないからこれはこれでおkかな。空のカートリッジ抜いてトグサ君ごっこだ!
マルシンさん、この調子で是非6 Unicaもお願いします。

ACLRまではハンドガンのラインナップが豊富だった気がするんですが、AC4でごっそり減ったのが密かに残念でした。残ったのがリボルバーだったので不幸中の幸いではありましたけども。
1回だけ、AC4の対ランカー戦でハンドガンを格納に入れていたらギリギリ勝てたことがあったなあ…サイドアームの面目躍如か。
今後のシリーズで、高衝撃・短射程・低精度・装弾数控えめ・リロードもマガリロも長めのそれっぽいリボルバー出ないかな。かな。

…まだ雷鳴ってるよ(つд`)

http://www.gizmodo.jp/2008/06/ghst_in_hte_shell.html

ボルボさーんマテバは8月5日ですってよー!
早速amazonで予約。都内に買いに出たら帰りに捕まりそうな気がする。

8mmBBのトイガンは初めてだなあ。リボルバーだと出力がどうなんだろう。まあ観賞用ですが。
嫁さんが撃ってみたいらしいです。

マルシン工業から、マテバM2007のガスガンが出るらしい。8mmBB。
買うしかねえべさ。
トグサくんごっこができますがな。
「うめえもんだろ」
「次からは2発撃ち込め」

オンリーワンにしてナンバーワン、アジアンサイバーサブカルチャータウン、東京都千代田区はakihabara。
意外とガンシューター向けの街でもあります。ガンショップもあれば射撃場もあるし。

東京マルイの電動ハンドガンシリーズを初めて買ってみました。
他にもデザートイーグルやM92F、渋いところではスタームルガーのKP85(デスペラードでアントニオ・バンデラスが使っていたやつね)なんかもあります。
今回センチメーターマスターを選んだのは、「銃好きなのにガバメント系を1コも持っていなかったから」。…ベレッタもなければS.A.A.もM16系もないけどね。

電動ハンドガンシリーズは、安価(¥2,000ちょっと)ながらもセミオートで動きます。単4電池が4本必要。短いですがブローバックまでするんですねぇ。

ちょっと撃ってみた感想。
・東京マルイなので精度はいいんだろうけど検証できる施設がねえや。
・電動ガンの宿命だけど、トリガープルから発射までのごくわずかなタイムラグが気になる。モーターだからなあ。
・マズルコンプは金属製。スライドが戻る時「カキン」というのがリアル。
・すげえ、グリップセイフティがライブだ!
・でもマガジンが細くて変だなあ。
・マガジンに電池入れるようにすればリアルにできるんじゃないかしら。むずかしい?
・マガジンの形状からしてスライドストップは無理ですな。
・さすがにハンマーも動かないよね。
・ていうか可動部はスライドとトリガーとグリップセイフティくらいか。
・マズルコンプで重心が前に偏っているので、くるくる回して遊ぶには適さない。当たり前。

…なんだか後半が文句つけているようになってしまいましたが、コストパフォーマンスは抜群のプロダクトだと思います。

次はタナカのS.A.A.を買ってリボルバーオセロットごっこかな?

「花の慶次」の原作である「一夢庵風流記」をうっかり読んでしまいましたわけで。

花の慶次に出てくる鬼の岩兵衛は出てきませんが、長距離狙撃銃を得物とする中国人が出てきたりします。すげえ時代小説だな。

そもそもスナイパーという言葉は、狙撃手ではなく「銃が上手な人」という意味だったと聞きます。鳥を撃つのがどうとか。スナイパーとして有名なのがネパールのグルカ族と言われていますね。

たぶん、慶次の時代(西暦で16世紀末)には、まだ「狙撃手」という概念はなかったのではないかと思うんですが…。やはり中国人はすげえ。

スナイパーというと、メタルギア・ソリッドのスナイパーウルフ、恋人はスナイパーのホイさん、攻殻機動隊のサイトーなど、孤高なイメージがつきまといます。S.A.C.のサイトーによれば、スナイパーは捕えられても捕虜になることはなく、殺されるとか。

銃というと破壊・殺戮のイメージが大きいですが、「遠くの的にいかに正確に当てるか」という技術的・機械的な工夫は見ていて飽きません。

クレー射撃は散弾を使うと聞いた時はちょっとがっかりでした。

軍用拳銃の王と云われるモーゼル。ガスガンです。撃てます。

こいつのモデルガンも持ってますが、もう錆びて撃てないだろうなあ…。

M712はセミオート/フルオートですが、このガスガンはセミオートオンリーで、セレクターはダミーです。動かないです。

モデルガンの方はフルオートで撃てます。一瞬で終わるけどね。グリスもほどよく塗らないと。

そこそこ当たるけど競技には使えないだろうし、ゲームに使うにはややゴツすぎるかな?

プリンキングか観賞用ってとこですな。

長細いバレルや人間工学的でないグリップや、むしろアサルトライフルみたいなフレームが前時代な感じでステキ。ポリマー製のエルゴノミクスなハンドガンも未来的でかっこいいけどね。

gyoganなう

エラー: Twitter からの反応がありません。数分待ってページを再読み込みしてください。

アーカイブ

2017年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿