You are currently browsing the category archive for the ‘スーパー営業マン’ category.

ヘボい営業マンをコケにしてばかりのこのブログですが、そんな魚眼でも「これは」と認められる営業マンもいます。
まず一人は、会社でも個人でもお世話になっている生命保険の営業マン。自身が重病にかかったこともあり、話に説得力がある。
あと車屋さん。とにかくマメ。顔を出すたびに新しいのどうですかという話をしていくけど、無理に買わせようとはしない。
他にもあるけどまあいいや。

商売柄、魚眼の所には営業マンからの電話とか訪問が耐えません。
最近多いのはSEO屋さん。このブログでも何度か書いていますが、SEOというのは検索エンジン最適化のことで、要はお好きなキーワードで検索エンジンで上位表示させますよ、という技術です。当然、例えば「美容」とか「旅行」みたいな漠然とした(幅の広い)キーワードだと難易度は高くなりますね。
これにはある程度の専門知識と人海戦術が必要ですが、要領さえわかっていればお金を出さなくてもある程度自前でできちゃうという。ええ、もちろん銃Macにもちょっぴり仕込んでありますよ。

魚眼の所にくる電話といえば、「御社のサイトが検索エンジンで上位に表示できるようになりましたのでそのご案内です^^」という妙な話法の営業ばかり。「SEOなら間に合ってます」というと大体が撃沈だし、粘って訪問まで取り付けても、にわか営業マンよりも魚眼の方がSEOの知識があったりしてしまうので結局「イラネ」というオチになってしまうという。

そんなんばっかりなので、自分(クライアント)のレベルを推測してから来てくれる営業マンとは話が早い。
というかコレ、営業の基本じゃなかと思うんですよね。相手の知識レベルを推測しながら話を進めるのって。ましてやSEOみたいな専門的かつ無形の商品ならなおさらだと思うのですが。

先日来社した営業マンは元同業者ということもあり、最初は胡散臭かった(というかテレアポの担当者がアレだったけど来たのがマシだった)んですが、話が「悩みを共有する」というレベルで落ち着いたという。
話の進め方も「買って買って^^」じゃなくて、まずは先様の情報開示からなので、こちらも少しはしゃべらないといけなくなりますね。このへんはヒューマンスキルです。情報は、出す人の所に集まってくる。営業ってイケイケドンドンの体育会系精神論だけじゃなくて、結構テクニカルな職業だと思うのですが如何。

元同業者ということもあって、費用のボリューム感も最初から一致しているので話が早い。
市場の特殊性も織り込み済みなのでなおさら。広告に対する投資と回収のシミュレーションまで考える広告屋さんさんは多くない。

世の中の営業マンの皆さんは、もうちょっとヒューマンスキルを身に着けたほうがいいと思うんですよ。流行ものを身に着けるばかりが能ではないんじゃないかと。
もちろん、人間相手の商売ですから「テンションを保つ」のも必要だとは思うんですけどね。

広告
先日来た営業の女性、入ったばかりということでまだ名刺を印刷していないとのことで、名前の欄が空白の名刺に手書きで名前が書いてありました。いわゆる空名刺ですね。

印刷屋さんにもよりますが、名刺の印刷なんて台紙の在庫があれば1週間もかかりません。
話を信用するとしても、そんな入りたてを一人で寄越すなよって思いますね。
さらに詮索すると、人の出入りが激しすぎて名刺の印刷が追いつかない、というか印刷しても無駄になる可能性が高いから印刷していない…とか。

で、受け取った名刺なんですが。
女性の名前が手書き、社名のロゴがなんつうかこう、ムーディーと言うか。
どう見てもキャバ嬢の名刺です。本当にありがとうございました。
そういえば箱のフレンドにキャバクラ王がいたな………

※写真は本文と無関係のSL内のうちの娘です。水族館にて。

同じ業種の営業マンがここ数日で立て続けに来社しました。
腕時計を見たいがために、ついつい手元を見ちゃうんですよね。顔見てても疲れるし。

…。
だから爪を切れと何度言えば(ry

こういう営業マンを寄越す会社とはなるべく取引したくないもんです。程度が知れるというか。
忙しいのかも知れんけど、「細かいことは気にしません^^」って言ってるようなもんだろ…
それともオシャレのつもりで伸ばしてんのかなー…

前に嫁さんと「男の爪」の話をしたことがあって、要するに「爪が伸びている男って彼女も奥さんもいないってことだよね」と。理由はお察し。
まあ、爪を綺麗にしている女性も「料理はしません^^」って言ってるようなもんですが。
弊社のリリウムに「爪が伸びてる男ってどうよ?」と聞いてみたら、無言で首を横に振りました。

営業マンに限った話ではありませんが、男はまず身だしなみから。とりあえず爪切ろうぜ!

今日も今日とてスーパー営業マンが弊社にご来社賜りましたわけですが。
結論から言うと商談不成立。なぜなら…

・事前のテレアポで、決定権のある自分に対して「是非上長の方もご一緒に」と言ってしまった(それ社長だし)
・来社の約束から3分くらい遅れたけど連絡も謝罪もなし
・だからプログじゃなくてブログだと何度言えば
・その日のうちに上司に交渉しただけで価格が4分の1ってどうなのソレ

まあ他にも、服装とか仕種とか言葉遣いとかの細かい所で累積減点だったわけですが…
最後の最後は「僕、なかなか売上が上がらなくて」と泣き落とし作戦。そりゃまあ上がらんだろな。

現役の営業マンとか、これから営業マンになる人は覚えておいて下さい。
あなたが営業大好きでも、大半の日本人は営業されるのが嫌いです。

栗原心平似の営業マンが来ました。
要らねえものの押し売りです。
ていうか
鼻声です。
商談どころじゃありません。
風邪は気の毒だけど会話が成立する状態で営業に望んで下さい。

・営業マンの訛り
 まあ若干は仕方あるまい。

が、

・歯クソ
 ねーよ

どう見ても元ヤンです本当に(ry
眼鏡掛けててもDQNオーラはわかるんだよな…

アーカイブ

2017年10月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の投稿