うわあ。
他所の部の人で事務所も違うんですが、休暇でもないのに朝からいなくて連絡つかなくて家にもいなくて、夜になって家には連絡が入ったけど会社には連絡が入らなかった、とのことでした。
取引先との約束があったけど、それは他の人がフォローしたという。
昨日たまたま書類を受け取ったりして顔を合わせたんですが、確かに元気がなかった…
ちゃんと家に帰ったかな。

どうも、仕事に疲れてしまったようです。ややこしい案件は軒並みクリアしていたはずだったんですが。
家も妻子もあるのにこれからどうすんだろ。
ちょっとやそっとじゃ治らない雰囲気だそうな…

その彼に対しては申し訳ないのですが、若い頃に挫折を経験していないようなので、復帰は遠いでしょうね。
崩れた時の戻し方を知らないと、戻し方を知らないまま高い所に登ってしまうので、落ちた時のダメージは大きいというか。
楽に楽に生きてきた結果、人生を取り戻せなくなってしまった人も知らなくもありません。うちの親父ですけど。
ごめんなさいとかしょうがないじゃんとか、開き直ってまた会社に出てくることができるかどうかは…

このご時勢、夫/妻になる・父/母になる・責任者になるというのは、誰にでもできることではありません。
社会のシステム上、ある程度自動的にそうなってしまうのはやむをえませんが、降りることができるのも事実です。
分相応。
ここでもまた一人、その手に持てないものを取りこぼしそうになっています。

みんなにできるから俺にもできる、というのは真実でもあるし残酷でもある。
真実って往々にして残酷ですけどね。

広告