ユルい映画なんだけどいきなり死ぬし。まあユルい終わり方と言えば言えるかも。
 1969年の映画だそうなんですけど絵は綺麗だし、だらだら見たい向きにはおすすめです。

まあなんだ、いわゆるヒッピーの時代ですか。

 自由であるってのは破滅と隣り合わせなんですよね。それがわからない人、増えたなあ。

広告