社員が社用の携帯電話を落としてきた。
まあそこまではよくある話なんですが、翌日になって通りがかりの親切な人が連絡してくれるまで気づかないとか、もうね…
落とした担当者は休みだったけど電話で怒鳴って取りにいかせました。
何が問題かというと、携帯を落としたことじゃなくて落としたことに気づかないことなですよね。あまり時間が経つと対応が手遅れになっちゃうし。

最悪の事態としてクライアントの個人情報大量流出というあたりまで想定しましたが、幸いなことに電話帳登録も着信履歴も一部の関係者だけで。
まあしかし、今後は運用を見直さないといかんですね。システム上のエラーはいくらでも直せますが、ヒューマンエラーは修正に使うパワーの個体差が大きすぎるので。
要するに、反省する人は改善できる見込みがあるけど、反省しない人には見込みがない。
一応「個人情報の流出が発生した場合」は監督官庁に届け出ないといけないんですが、ごく少量だし、そもそも「流出が発生」したかどうかは現時点では断定できないので、今回の対応は見送ることに。
とりあえず、楽勝でリモートロックできる機種に変えよう…

ちょっと前に友達の会社で機密情報がWinnyに流れちゃったことがあって、その対応を聞いたらまあ地獄というかなんというか。電凸ってホントにあるらしいっすよ。

広告