買っちゃったので書きますよ。

ヒューレット・パッカードのミニノートパソコンあるいはUMPCもしくはNetbookはたまたMID、HP2133を買いました。amazonで4万5千円弱。ちょっと前まで6万くらいだったのが、hpが次のミニノートを出すタイミングで値下げになりました。
安さにつられてHP2133を選んだのもあるんですが、まあ色々と。

外装

液晶の裏のてっぺんあたりだけこっそりプラスチックみたいですが(たぶんWi-Fiアンテナの感度の問題で)、後はアルミ。液晶周辺は黒アクリル。
これ、何かに似ていると思ったら現行のiMac/MacBookと同じなんですよね。背面にリンゴシール貼ったらMacBook miniに見えちゃうかも。
というわけで外装の仕上がりはばっちり。角も丸いのでカバンへのおさまりが良さそう。

キーボード

買いたてだからかちょっと固い気もしますが、普通のノートパソコンと同レベルの出来です。キーピッチ17mmだし。
キートップがプリントじゃなくてシールなのがちょっとアレだけど、他に突っ込みどころはありません。Dellのと違って配列は普通だYO!

タッチパッド

ボタンが左右に分かれているタイプ。感度は良くも悪くもない。縦スクロール機能付き。
両手を使えばドラッグ操作もできますが…
やっぱり、ThinkPad仕様の(つまりトラックポイントの)ミニノートが出たら流行りそうな気がする。ポインティングデバイスに関しては各社の苦労が見え隠れしますが、アレなら場所取らないしなあ。

Wi-Fiスイッチ

他のミニノートにもあるのかもしれないけど、これは強烈に便利です。Wi-Fiは電気を食うので、ネットワークに接続しない時は切っておきたいんですが、普通にやるとめんどくさい。
これ、スマートフォンの類にも実装してほしいです。

画面

解像度は1280×768なので充分…なんですが、9インチくらいなので、字が小さくておっさんは目が疲れます><フォント大きくするとレイアウトがずれるし。
これは贅沢な悩みですね。解像度落として使うかな。

拡張性

USB2機。普通。
SDカードスロット。micro SDにしてほしかったな…アダプタ付ければいいけど…
Expressカードスロット。えー。

前評判通り、すぐ熱くなる。
でもPowerBook G4で鍛えた魚眼にはそよ風みたいなもんです。

総評

100点満点とはいかないものの、コストパフォーマンスの高い製品だと思います。少なくとも4万円台で買った機械には見えないです。
今回は安さでスタンダードモデルを買いましたが、ハイパフォーマンスモデルは大容量バッテリーがついてメモリも2GBに増量で他にもオマケがついて6万5千円くらいなので、予算が許せばこっちの方が買いかもしれません。
hpといえば昔からポケコンとか金融電卓とか小型デバイスに強いメーカーです。国内メーカーはミニノートに及び腰ですが、これは結構本気で作ったんじゃないかなあ。

というわけで、HP2133のお求めは魚眼屋からドゾ。
中身はamazonですが、そこらの店頭の価格と同じみたいです。

Vistaについて言わせて下さい。
VistaにはWindowsカレンダーとWindowsアドレス帳というアプリケーションが標準で入りました。
が、Mobileデバイスセンター経由でWindows Mobileと同期できないってどういうことですか。そんなにOffice買わせたいんですか。
MacとiPhoneを使っている身からすると、これにはがっかり。まあそれが狙いで買ったわけではないのでいいんですが…
Windowsメールというソフトも、別にメールアカウントの同期ができるわけでもなさそうですし。
相変わらずliveとの連携もないし。ああ、なんだかβ版のソフトを使えばできるみたいですが。
まあいいんですけどね、これでAndroidに心おきなく乗り換えられますから^^
Vista全般については…「やっとこうなってきたか」って感じ。

広告