微妙に田舎なうちの最寄り駅だけの話かもしれませんが…

駅から出る階段を駆け下りる人、結構多いんですよ。サラリーマンに多いかな。
急いでいるのかなと思いきや、大体の人が階段を下りきったら普通に歩き出すのでそうでもないみたい。
携帯とかDSをいじりながら階段を下りているお姉ちゃんも危ないけど、駆け下りる人だって危ない危ない。子供もお年寄りも障害者も、普通に階段にいますから。

毎日彼らを見ていると、何かの競争でもしているのかなとか思ってしまう。
階段を駆け下りても家に着くのはほんの数秒しか変わらないのに、なんで階段を駆け下りないといけないんだろう?
言い方を変えると、なんで階段を下りてから駆けることができないんだろう。

ああそうか、
彼らは、下り階段じゃないと 勢い をつけられないんだ。

登るのは大変だけど落ちるのは楽ですもんね。

電車の中で缶チューハイを開けちゃってる人。家に帰ったら奥さんが飲ませてくれないんだろーナ。
駅を出てすぐタバコに火をつけちゃう人。ホタル族すら許されていないのでしょう。
(一応、路上喫煙禁止条例区域なのですが^^;)

駅にはいろんな人が集まるけど、感覚的に1割くらいは残念な感じです。モラル的な意味で。

広告