最近MacとPSPの無線LAN(Wi-Fi)に関する検索が多いようなので改めて。

えーと、アクセスポイントとしてAirMacを買っている場合は以前の記事を見て下さいな。

問題は、Macのインターネット接続は有線(イーサネット)で、Macを経由してPSPを無線LAN接続したい場合。
MacをWi-Fiのアクセスポイントにしたい場合、以下の制限がつきます。
・ESSIDのステルス化ができません。
・MACアドレスの制限ができません。
・暗号化がWEP(40ビット/128ビット)だけ。WPAは使えません。
なんで制限が多いかというと、推測ですが、Macで完璧に無線LANができちゃうとAirMacが売れなくなるからでしょうね。あと開発費の問題かな。

以上をふまえて、Mac OS X 10.5(Leopard)での設定方法。
まずMac側。
1.システム環境設定を開く。
2.共有→インターネット共有
3.共有する接続経路を内蔵Ethernetにする。
4.相手のコンピュータが使用するポートをAirMacにする。
5.AirMacオプションのボタンを押してネットワーク名を適当に決める。
6.チャンネルは自動のままで多分おk
7.暗号化にチェックを入れてパスワードを決める。40ビットが安牌かな。

PSP側。
1.HOME→設定→ネットワーク設定→インフラストラクチャモード
2.[新しい接続の作成]を選択
3.[検索する]でMac側で決めたネットワーク名が出れば選択、出なければ戻って[手動で入力する]
4.ワイヤレスLANセキュリティ選択はWEPを選択
5.Macで決めたパスワードを入力。
6.アドレス設定はかんたん

これでいけるんじゃないかなあ。試してないけど(ぁ
最後のアドレス設定の部分が、ちゃんとDNSの設定が乗っているか不安な感じ。

LOVE注意事項LOVE
用が終わったらMacのシステム環境設定を開き直してインターネット共有をオフにするべし。
Mac経由の無線LANアクセスは簡易なもので、セキュリティ面ではかなりお粗末です。WEPの設定をしてあれば通りがかりの人に勝手に使われるということはないと思いますが、やる人がやれば数十秒で突破できるそうです。
「うちのパソコンにゃ見られて困るようなデータは入ってねえよ」ということではなくて、回線を勝手に使われて悪さされるとあなたのおうちに警察が来るかもしれないですよ。

そういえばニンテンドーDSの新しいのはWPAに対応したみたいですね。ちょっと遅ぇよという気もしなくもないですが。

広告