ボルボさぁぁぁぁぁぁぁぁあああんマテバ来たよぅぉぉぉおおぁっつx

久しぶりのトイガン購入となりました、マテバM-M2007。アニメ版攻殻機動隊のトグサ君モデルで、実在はしないとのこと。
男のロマン、リボルバーです^^マテバというのはイタリアの実在するガンメーカー。変なリボルバーで有名です。
マテバM-M2007の最大の特徴は、シリンダー(弾を入れるレンコン)に対して下側に銃身が付いていること。銃口がの位置が下がるので反動がマイルドになる…という理屈だそうな。ガスガンだから関係ないんですけどね^^;
なんでまあ、一般的に銃身になっている部分はマテバの場合はただのウェイト(重り)ですね。サイティングしづらくはないんだけど、サイトと銃口の距離がある分、当てるには慣れが要りそうな…
シリンダーはフルート(溝)なしのタイプ。横じゃなくて上に跳ね上がります。
設定では、弾薬は9mmパラベラム(ヨーロッパでは標準的な拳銃弾)です。いわゆる9パラね。

えーと、本体はヘビーウェイト材、グリップは木目調のプラですね。ガスはグリップ底から注入。
使用するBB弾は、マルシン工業オリジナルの8mmのやつ。うん、でけえw
薬莢の先っぽにBB弾をセットするタイプですね。薬莢なくしたら悲しいことになります。
薬莢も9パラ風ですね。写真取り忘れた。あと、エジェクターロッドはライブです。リボルバーはこれをピコピコ押すのが気分出ますな。
ちょっと触ってみた感じ、シリンダーラッチとハンマーがちょっと固いかな? グリス塗っとくかなあ。
グリップの太さは、手の小さい自分にも丁度いい感じ。このへんはリボルバーならでは。ただ、プラなんで耐久力がちょっと心配。

初回特典ということで、9mmマーカー弾風のストラップが付いてきました。トグサ君が6課の車に撃ち込んだやつ。
これはもったいないので保存w

とりあえず撃ってみたいが射撃場がない。やはり深夜の公園かな…

広告