細かい所が映画と違うんですね。大筋では同じですけど。映画だと時間の制限があるから、トリック的な部分とか殺人現場の描写はある程度簡略化されている感じ。
推理小説は滅多に読まないんですが、たまに読むと「よくできてるなあ」と感心しちゃいます。
が、結構なボリュームだったので連続して読む気にはなれん…
京極夏彦とか未読ですが、あれも読んだら面白いのかなあ。なんかいたずらに分厚いしなあ。

あれですね、戦争というブラックボックスを絶妙に使った感じ。
あと、血縁関係が複雑すぎてわけわかめ。誰が誰の子供だっけ?

広告