アーマードコアネクサスの発売は2004年ですね。
一番記憶に残っているのは、左スティックで移動・右スティックで視点移動・RボタンとLボタンで武器発射という、今の操作体系に近くなったこと。
FPSとかやり慣れていたら違和感がなかったのかもしれませんが、ゲームはほとんどACしかやっていなかったので結局旧操作に…w
過去作のミッションができるディスクも付いていましたね。中身が結構違っていたのでアレでしたけど^^
それから、悪名高き爆熱仕様。そんなにすごかったっけ?って感じなんですが。
マガジンリロードについては賛否両論のようですが、あれで結構戦術の奥が深くなった気もするので良いんじゃないでしょうか。
リアルといえばリアルなのかもしれませんが、ゲーム性とのバランスが難しいところです。ましてやACは色々複雑なゲームなので、やりすぎるとゲームじゃなくてシミュレータになっちゃいますからねえ。
キャラ的には、ジャックも隊長もまだ影が薄かったですね^^
LRであんなにイジられるようになるとは夢にも思いませんでしたが^^^

2004年といえば、年明け早々に前任のシステム担当者が退職しました。
理由は色々だったと思うんですが、主に本人の勤務態度だったと思います。ほぼ毎日遅刻ね。
会社の甘さと本人の甘さが、悪い意味で結合してしまいました。
一時期は会社の中心だった人物だけに、去り際はなにやら哀愁が漂いました。今では二児のお母さんです。

さて、ここで魚眼は会社の経理とシステムとWebを一手に握りました無理。やりきれるわけねえYO!
てなわけで他部署の3ツ下の女性社員2人をスカウトして、プロジェクトチーム的にシステム管理をすることにしました。
最初の魚大人計画です。能力は未知数だったものの、2人とも妙に気があったので。社員旅行の時は3人で観覧車に乗ったりしたんだよ!
自分を含めてたまたま3人とも水瓶座だったので、新規購入したサーバの名前は「ガニメデ」に。Mac OS X ServerでLDAPです。パソへのログインを本社のサーバで一括で認証するという。Windowsでいうアクティブディレクトリに近いものですかね。同じ箱にファイルサーバとファイルメーカーサーバを入れて今に至る。耐用年数来てます。
後々買い足したサーバはカリストとかイオとか。ビバップビバップ。
予算面で経営陣と大喧嘩になったものの、なぜか社長賞とかいうのを受賞しました。
定期昇給はあるんですが、まだまだ残念な収入です。

さらに2ツの業界団体の集まりにも顔を出していたので、どんな事務方だよって状態です。新入社員の研修も引き受けるとか一体。
そうこうしているうちに、↑の2人のうちの片方の上司が退職することになり、自分の所で仕事と本人を引き受けることになりました。仕事そのものは、前に自分がやっていた事務仕事なんですが。
もう片方は、結婚・出産で翌年頭に退職。残念だったけど、本人はそれなりに育って巣立っていってくれたので、第一次魚大人計画としては上々でした。こちらも今では二児の母。

残ったもう片方…ですが、直属になったこともあって可愛がり過ぎました。
いつの間にか、男と女という見方をされてしまっていたんですね。で、ちょっとしたきっかけで心のバランスを崩して自分の元を去っていきました。変な家で育ってしまって、もともとちょっと不安定な子ではあったんですが、それゆえに感情移入し過ぎた面もありました。もし自分が女性に生まれていたら…みたいな。
最後の方は、本人もかなり錯乱していました。自分が引導を渡して退職まで追い込んだような部分もあったんですが、それが全てでもない感じ。無断の遅刻・欠勤、勤務中の涙。辻褄の合わない発言。退職フラグです。
翌年の暮れに、結婚を理由に退職していきました。
今では音信不通だそうな。

後輩を可愛がって育てても、結局無駄になるんじゃないか?
なんせ新卒が3年で会社を辞める時代。3年働いたくらいじゃ、会社としてはまだ投資した分を回収できませんからね。
他にも2人ほど見込みのあるのがいて、部署は違ったもののあれこれ教えたんですが、やはり数年で退職です。それぞれの直属の上司と馬が合わなかったんですね。なんかその2人で結婚したらしいんですが。

育てる、ということへの情熱が枯れた魚眼でした。
だからというわけでもなかったんですが、身も軽くなったところで、翌年は大きなことに手を出します。続く。

広告