まず、動画の作成方法を変えました。
前はDVカメラから取り込む時点でレターボックスをつけて4:3にして、DivX(ディヴィックスと読むんだってさ)でエンコしてうpってました。
が、これだと取り込み時のレターボックス処理に時間がかかるのと、ようつべにうpるとアスペクト比が微妙におかしくて縦に潰れ気味。
で、今回の動画は、DVカメラから16:9で取り込んで、H.264でエンコ時にレターボックスをつけてみました。
そしたらアス比も正しくなり、画質も向上しました。ただ、再生時にパソにかかる負荷が大きくなったっぽいですけどね。PowerBook G4で再生したらカクカク。
ようつべはうpった動画のアスペクト比を自動的に判別してくれるという情報もあったんですが、自分のはやってくれなかったので、やはりレターボックスをつけて無理矢理4:3にするのが確実っぽいです。
(メモ iMovieの設定はムービーからMPEG-4、H.264、ビットレート1024kbps、イメージサイズ640x480VGA、指定のアスペクト比を維持・レターボックス、フレームレート60、キーフレーム自動)

では動画。機体は063フレームに102・重スナ(今は中スナというべき?)・高速ミサイル・核・フレアの「随分と濡れやすいな、え?」
http://jp.youtube.com/watch?v=Iw6JXr_5LsE
1戦目 普通に引き砂に持ち込めて勝ち。だが、終盤の高速ミサイルに対して完璧なタイミングでフレアを撒かれたのはビビった。
2戦目 ビッグボックス。いつものように高速ミサイルとスナのクロスで…と思っていたら。レール・分裂であっさりやられまんた。機体のコンセプトが似ていると腕の差が出る…orz
3戦目 2戦目と同じ相手。劣勢なまま、OB核を仕掛けたら自爆してAP差が10000以上開いて諦めかけたものの、幸運にもAAが当たり、たまたま操作ミスで切り替わっていたミサイルが飛んで形勢逆転。敵APが3桁になってからの粘りっぷりがすごい。
4戦目 グレ核タンク! こういうの大好きw フレアを持っていたので、高速ミサイルでフレアを使わせて核を当てる作戦で。相手の核は無理に振り切ろうとするとグレが怖いのでフレアで慎重に散らす。グレ2回、核1回喰らったものの、こちらの核が効いて勝利。

広告